キリストの再臨

2番目の128がクリスティ

彼が約束したように、イエス・キリストは神の国のすべての国を裁き、支配するために地上に戻ります。 彼の権力と栄光の再臨が見えるでしょう。 この出来事は聖徒の復活と報酬を開始します。 (ヨハネ14,3;黙示録1,7;マタイ24,30; 1テサロニケ4,15:17-22,12;黙示XNUMX)

キリストは戻ってくるのでしょうか?

世界の舞台で起こり得る最大の出来事は何だと思いますか? もう一つの世界大戦? ひどい病気の治療法の発見? 世界平和、かつては? それとも地球外の知性と接触? 何百万人ものクリスチャンにとって、この質問に対する答えは簡単です。これまでに起こり得る最大の出来事は、イエス・キリストの再臨です。

聖書の中心的なメッセージ

聖書全体の物語は、救い主であり王であるイエス・キリストの到来に焦点を当てています。 エデンの園で、私たちの最初の両親は罪を通して神との関係を壊しました。 しかし、神はこの霊的な休憩を癒す贖い主の到来を予告されました。 神はアダムとイブを罪に誘惑した蛇に、次のように言われました:«そして私はあなたと女性の間、そしてあなたの子孫と彼らの子孫の間に敵意を置きます。 彼はあなたの頭を押しつぶし、あなたは彼をかかとに刺します» (創世記1:3,15)。

これは、罪と死が人々に及ぼす罪の力を打ち砕く救い主の最も早い聖書の預言です (「彼はあなたの頭を砕くべきです」)。 どうやって? 救い主の犠牲的な死を通して (「あなたは彼をかかとで刺します」)。 イエスは彼が最初に来たときにこれを達成しました。 バプテスマのヨハネは彼を「世に罪を負う神の小羊」として認めました (ヨハネ1,29)。

聖書は、キリストが最初に来られた時の神の化身の中心的な意味を明らかにしています。 聖書はまた、イエスが今信者の生活に入っていることを明らかにしています。 そして聖書はまた、彼が再び目に見えてそして力をもって再び来るであろうと確信をもって言います。 イエスは三つの異なる方法で来ます:

イエスはすでに来た

アダムとイブが罪を犯し、世界に死をもたらしたので、私たち人間は神の救い-彼の救い-を必要としています。 イエスは私たちの代わりに死ぬことによってこの救いを成し遂げました。 パウロはコロサイ人への手紙1,19:20に書いています:「すべての豊かさが彼の中に住むべきであるということは神を喜ばせました。クロス» イエスはエデンの園で最初に起こった休憩を癒されました。 彼の犠牲を通して、人類は神と和解することができます。

旧約聖書の預言は将来神の国に言及しました。 しかし、新約聖書はイエスが神の良いたよりを宣べ伝えることから始まります:「時が来た…そして神の国は来た」と彼は言った (マーク1,14:15)。 王国の王であるイエス様は人々の間を歩みました! イエスは「罪のために犠牲を払った」 (ヘブライ10,12)。 イエスの化身、彼の人生と約2000年前の働きの重要性を過小評価してはなりません。

イエスが来ました。 さらに - イエスは今来ている

キリストを信じる人には良い知らせがあります:«あなたも、この世のように生きてきた罪と罪で死んでいました...しかし、憐れみ深い神は、大きな愛を持っています彼が私たちを愛した人たち、また罪で死んだ私たちも、キリストと共に生かされました-恵みによってあなたは救われました» (エフェソス2,1-2; 4-5)。

神は今、キリストと共に霊的に私達を育てて下さいました! 彼の恵みによって、「彼は私たちを育て、私たちをキリストイエスの天国に置いたので、来たるべき時に彼はキリストイエスの私たちに対する彼の善意を通して彼の恵みの豊かさをあふれさせました。」 (6〜7節)。 このセクションでは、イエスキリストの信者としての私たちの現在の状態について説明します。

神は私たちを「イエス・キリストの死からの復活による生きた希望への大きな憐れみの後、あなたのために天に保持されている不滅で汚れのない、衰えない遺産へ」生まれ変わった。 (1ピーター1,3:4)。 イエスは今私たちの中に住んでいます (ガラテア2,20)。 私たちは霊的に生まれ変わり、神の国を見ることができます (ヨハネ3,3)。

神の国がいつ来るのかと尋ねられたとき、イエスは答えました:«神の国は、それが観察されるような方法では来ません。 また言うつもりもない、見よ、ここにある! または:あります! 見よ、神の国はあなたの内にある» (ルカ17,20-21)。 イエスはパリサイ人の真ん中にいましたが、クリスチャンに住んでいます。 イエス・キリストは彼の人に神の国をもたらしました。

イエスが私たちのうちに住んでいるのと同じように、彼は王国を紹介します。 私たちのうちに住むためにイエスが来られたことは、イエスが再臨したときの地上での神の国の決定的な啓示を予見しています。

しかし、なぜイエスは私たちの中に住んでいるのでしょうか。 私たちは次のように述べています:«あなたは恵みのゆえに、あなたからではなく、信仰によって救われました。それは作品からではなく、神からの贈り物です。 私たちは彼の作品であり、神が前に歩むべきであるように神が前もって準備しておいた良い作品のためにキリスト・イエスで造られました» (エフェソス2,8:10)。 神は私たち自身の努力によってではなく、恵みによって私たちを救われました。 しかし、私たちは業によって救いを得ることができないにもかかわらず、イエスは私たちの内に住んでいるので、私たちは今、良い業を行い、それによって神を賛美することができます。

イエスが来ました。 イエスが来ます。 そして - イエスはまた来る

イエスの復活の後、弟子たちがイエス様が上っていくのを見たとき、二人の天使が質問をしました。
«空を見上げて何を立っていますか? あなたが天国に連れて行かれたこのイエスは、あなたが彼が天国に行くのを見たときに戻ってきます» (使徒1,11)。 はい、イエスは再び来ています。

彼が最初に来たとき、イエスはいくつかのメシア的な予測を満たさなかった。 それがユダヤ人が彼を拒絶した理由の一つです。 彼らは、メシアをローマの支配から解放する国民的英雄として見ました。

しかし、救世主はすべての人類のために死ぬために最初に来なければなりませんでした。 後になって初めて、キリストは勝利した王として戻り、イスラエルを昇格させるだけでなく、世界のすべての王国を彼の帝国にします。 「そして、七人目の天使がトランペットを吹いた。 そして、偉大な声が天国で立ち上がり、私たちの主と彼のキリストの世界の領域は、今やなりました、そして彼は永遠に支配するでしょう» (啓示11,15)。

「あなたのために場所を準備します」とイエスは言った。 «そして、私があなたのためにサイトを準備するとき、私は戻ってあなたを連れて行き、あなたが私がいる場所にいるようにします» (ヨハネ14,23)。

オリーブ山に関するイエスの預言 (マタイ24,1:25.46)この時代の終わりに関する弟子たちの質問と懸念に対処しました。 その後、使徒パウロは教会に、「命令が鳴ったときに主ご自身が来て、大天使の声と神のトランペットの音が天から降りてきて、最初にキリストで死んだ死者が復活する」と書いています。 (2テサロニケ人4,16:XNUMX)。 イエスの再臨時に、彼は死んだ義人を不死に引き上げ、まだ生きている信者を不死に変え、彼らは空中で彼に会います (Vv。16-17; 1コリント15,51:54)。

しかし、いつ?

何世紀にもわたって、キリストの再臨についての憶測は多くの論争 - そして無数の失望を引き起こしました - 予測者の様々なシナリオが間違っていると証明したので。 イエスがいつ帰るのかということを強調し過ぎると、福音の中心的な焦点、つまり彼の生涯、死、復活、そして私たちの天の大祭司としての継続的な償いの働きを通して成し遂げられる。

私たちは預言的な憶測にとても夢中になることができます。私たちは、愛と思いやりのあるクリスチャンの生き方を示し、他の人々に仕えることによって神を賛美することによって、クリスチャンの世界の光としての正当な役割を果たすことができません。

「最後の事柄と再臨の聖書の発表に対する誰かの関心が、精巧に作られた未来の出来事の微妙なデザインに退化した場合、彼らはイエスの預言的な陳述の内容と精神から遠く離れています、新しい国際聖書解説はそれについて述べていますルークの福音書»544ページ。

私達の焦点

キリストがいつ再臨されるかを知ることができない場合 (したがって、聖書が実際に言っていることに比べて重要ではありません)私たちはエネルギーに何を集中すべきですか? いつでもイエス様が来る準備ができていることに焦点を当てるべきです!

「それがあなたも準備ができている理由です!」 イエスは言った、「人の子はあなたがそれを意味しない時間に来るからです」 (マタイ24,44)。 「しかし、最後までしつこい人は救われるだろう」 (マタイ10,22)。 彼が今私たちの人生に入り込み、今私たちの人生を導くことができるように、私たちは彼の準備ができていなければなりません。

聖書の焦点

聖書全体はイエス・キリストの到来についてです。 クリスチャンとして、私たちの人生は彼の来ることでもあるはずです。 イエス様が来ました。 それは今、聖霊の内在を通して来ます。 そしてイエスは戻ってきます。 イエスは権力と栄光のうちに来られ、「私たちの無駄な体を彼が彼の美化された体となるように変える」 (フィリピアン3,21)。 そうすれば、«創造も神の子供たちの素晴らしい自由への無常の束縛から解放されます» (ローマ8,21)。

はい、私はすぐに来ます、と私たちの救い主は言います。 そして、キリストの信者であり弟子である私たちは、「アーメン、はい、主イエス様」という一つの声で答えることができます。 (啓示22,20)!

ノーマンショアフ


キリストの再臨