中間状態

133中間状態

中間状態とは、死者が体の復活まである状態です。 関連する経典の解釈に応じて、クリスチャンはこの中間状態の性質について異なる見解を持っています。 死者がこの状態を意識的に経験していることを示唆する箇所もあれば、意識が消滅していることを示唆する箇所もあります。 世界的な神の教会は、両方の見解が尊重されるべきであると信じています。 (イザヤ14,9-10; エゼキエル32,21; ルカ16,19-31; 23,43; 2. コリンチャンス 5,1-8; フィリピの信徒への手紙 1,21-24; 悟り 6,9-11; 詩篇 6,6; 88,11-13; 115,17; 説教者 3,19-21; 9,5.10; イザヤ38,18; ジョン 11,11-14; 1. テサロニケ人 4,13-14)。

「中間状態」はどうですか?

かつて、私たちは通常、いわゆる「中間状態」、つまり人が死と復活の間に無意識であるか意識的であるかについて、独断的なスタンスをとっていました。 しかし、私たちは知りません。 キリスト教の歴史を通じて、大多数は死後、人間は意識的に神と一緒にいるか、意識的に罰せられると考えていました。 少数派の意見は「魂の睡眠」として知られています。

聖書を調べると、新約聖書には中間状態の安心できる見解が示されていないことがわかります。 人々が死後無意識であることを示すように思われるいくつかの詩、および人々が死後に意識的であることを示すように思われるいくつかの詩があります。

私たちのほとんどは、伝道の書や詩篇のように、死を表すために「眠る」という用語を使用する節に精通しています。 これらの節は、現象論的な観点から書かれています。 つまり、死体の物理現象を見ると、体が眠っているように見えます。 そのようなセクションでは、睡眠は体の外観に関連する死のイメージです。 しかし、マタイ2章のような聖句を読むとき7,52、ジョン 11,11 と行為13,36 読んでみると、死は文字通り「睡眠」と同等であるように思われます-著者は死と睡眠の間に有意差があることを知っていたとしても。

しかし、死後の意識を示す節にも真剣に注意を払う必要があります。 の 2. コリンチャンス 5,1-10パウロは、4節で「服を脱ぎ」、8節で「主と一緒にいる」という言葉で中間状態を参照しているようです。 フィリピの信徒への手紙 1,21-23パウロは、クリスチャンは「キリストと共にいる」ために世界から離れるので、死ぬことは「利益」であると言います。 これは無意識のようには聞こえません。 これはルカ2でも見ることができます2,43イエスが十字架上の強盗に言われたところ、「今日、あなたは私と一緒に楽園にいるでしょう」。 ギリシャ語は明確かつ正確に翻訳されています。

最終的に、中間状態の教義は、神が聖書の中で正確かつ独断的に私たちを説明しないように選択したものです。 たとえそれが説明できたとしても、おそらくそれを把握するのは人間の能力を超えているだけでしょう。 この教えは、クリスチャンがどちらを論じ、分裂させるべきかという問題ではありません。 神学福音辞典はこう説明しています。「中間国家についての憶測は、十字架や新しい創造の希望からくる確実性を損なうものであってはなりません。」

死後、神に完全に意識を向け、「イエスが帰るまで実際に寝なければならない-なぜ私は実際に意識しているのですか?」 そしてもちろん、私たちが意識を失っていれば、文句を言うことはできません。 いずれにせよ、私たちは死後の次の意識的な瞬間に神と共にいます。

ポール・クロール


PDFファイル中間状態