天国

132スカイ

聖書の用語としての「天国」は、神の選ばれた住居の場所、ならびに神の贖われたすべての子供たちの永遠の運命を表します。 「天国にいる」とは、死、悲しみ、叫び、痛みがなくなったキリストと共に神と共にとどまることを意味します。 天国は「永遠の喜び」「至福」「平和」「神の義」と表現されています。 (1キングス8,27:30-5;申命記26,15:6,9;マタイ7,55;使徒56-14,2;ヨハネ3-21,3;黙示録4-22,1; 5-2; 3,13ピーターXNUMX)。

死んだら天国に行きますか。

「天国に行く」という考えをからかう人もいます。 しかし、ポールは私たちがすでに天国に配備されていると言います (エフェソス2,6:XNUMX)-そして、天国にいるキリストと共に世界に留まることを望んだ (フィリピアン1,23)。 天国に行くことはパウロが言ったことと大差ありません。 私たちは他の方法でそれを表現することを好むかもしれませんが、他のクリスチャンを批判したり、あざけったりする理由ではありません。

ほとんどの人が天国について話すとき、彼らはこの用語を救いの同義語として使用します。 たとえば、キリスト教の伝道者の中には、「今夜死ぬと、あなたは本当に天国に行きますか?」と尋ねる人もいます。 これらの場合の本当のポイントは、いつどこに来るかではなく、救いから安全かどうかを尋ねるだけです。

天国を雲、ハープ、金の舗装された通りがある場所と考える人もいます。 しかし、そのようなものは実際には空の一部ではありません - それらは平和、美、栄光、そして他の良いものを指すフレーズです。 彼らは精神的な現実を説明するために限られた身体的用語を使う試みです。

天国は霊的なものであり、肉体的なものではありません。 それは神が生きる「場所」です。 サイエンスフィクションのファンは、神は別の次元に住んでいると言うかもしれません。 それはあらゆる次元のいたるところに存在しますが、「天国」はそれが実際に住んでいる領域です。 [私の言葉の正確さの欠如をお詫び申し上げます。 神学者はこれらの概念に対してより正確な言葉を持っているかもしれませんが、私は単純な言葉で一般的な考えを伝えることができれば幸いです]。 重要なのは、「天国」にいるということは、神の前に、特別な方法でいるということです。

聖書は、私たちが神のいるところにいることを明らかにしています (ジョン14,3;フィリピアン1,23)。 この期間中の神との親密な関係を説明するもうXNUMXつの方法は、「神と対面する」ことです (1コリント13,12:22,4;黙示録1:3,2;ヨハネXNUMX:XNUMX)。 それは私たちが可能な限り狭い方法で彼と一緒にいる写真です。 ですから、私たちが「天国」という言葉を神の住まいと理解するなら、クリスチャンが将来天国にいると言っても間違いありません。 私たちは神と共にいるでしょう、そして神と共にいることは「天国」にいると正しく言われています。

ジョンはビジョンの中で、最終的に地球に現れる神の臨在を見た-現在の地球ではなく、「新しい地球」 (啓示21,3)。 私たちが天国に来るか、私たちに来るかは関係ありません。 いずれにせよ、私たちは神の前で永遠に天国にいて、夢のように良いことでしょう。 次の時代の人生をどのように説明するか-私たちの説明が聖書的である限り-私たちが主であり救い主であるキリストを信じているという事実は変わりません。

神が私たちのために用意されているものは、私たちの想像を超えています。 この人生でさえ、神の愛は私たちの理解を超えています (エフェソス3,19)。 神の平和は私たちの理由を超えています (ピリピ4,7:XNUMX)そして彼の喜びはそれを言葉で表現する私たちの能力を超えています (1ピーター1,8)。 それでは、神と永遠に一緒に暮らすことがどれほど良いことになるかを説明することは、どれほど不可能でしょうか。

聖書の作家は私達に多くの詳細を与えませんでした。 しかし、私たちが確実に知っていることの1つ - それは私たちが今まで経験した中で最も素晴らしい経験になるでしょう。 それは最も美しい絵よりも、最も美味しい食べ物よりも、最もエキサイティングなスポーツよりも、私たちが今まで経験した最高の感情や経験よりも優れています。 それは地球上の何よりも優れています。 それは巨大なものになるだろう
報酬をください!

ジョセフ・トカッハ


PDFファイル天国