光と神と恵み

172ライトゴッドグレース 若いティーンエイジャーとして、私は権力が消滅したときに映画館に座っていました。 暗闇の中で、観客のつぶやきは毎秒大きくなった。 私は、誰かが外への扉を開いた直後にどうやって私が出口を探すようにしたのか気付いた。 光が映画館に流れ込み、せせらぎと不審な検索がすぐに終わった。

私たちが暗闇に直面するまで、私たちのほとんどは光を当然のことと考えています。 しかし、光がなければ見るものは何もありません。 光が部屋を照らすときにだけ何かが見えます。 これが私たちの目に届くところで、それは私たちの視神経を刺激し、私たちの脳がある外観、位置および動きを持つ宇宙の物体として認識されることを可能にする信号を作り出します。 光の性質を理解することは困難でした。 初期の理論では、光を粒子として、次に波として不可欠に受け入れていました。 今日、ほとんどの物理学者は光を波動粒子として理解しています。 アインシュタインが書いたことに注意してください:時には私たちは一つを使い、時には他の理論を使わなければならないようですが、時には両方を使うことができます。 私たちは新しい種類の解釈不能に直面しています。 私たちは現実の二つの矛盾するイメージを持っています。 個々には、それらのどれもが完全に光の外観を説明することはできませんが、一緒に彼らはそうします。

光の性質についての興味深い側面は、闇がそれに対する力を持たない理由です。 逆に、光は闇を追い払うが、そうではない。 この現象は、神の性質に関して、聖書で展開されます (光)と邪悪なもの (暗闇または暗闇の)、印象的な役割。 使徒ヨハネが1ヨハネ1,5:7で言ったことに注目してください。 (HFA)書いた:これは私たちがキリストから聞いたメッセージであり、私たちがあなたに伝えているメッセージです:神は光です。 彼には闇はありません。 ですから、私たちが神に属していて、まだ罪の暗闇の中で生きていると主張するならば、私たちは嘘をついており、私たちの生活と真実を矛盾させています。 しかし、私たちが神の光の中で生きているなら、私たちも互いにつながります。 そして彼の息子イエス・キリストが私たちのために流した血は私たちをすべての罪悪感から解放します。

トマス・F・トーランスの著書 『三位一体の信仰』のように (三位一体の信仰)、初期の教会指導者アタナシウスは、ジョンと他のウラポスレスの教えに従い、光とその放射の比喩を使用して、イエスキリストによって明らかにされた神の性質について話しました:光のように彼のカリスマがなくてはならず、父親は息子や彼の言葉なしでは決してありません。 さらに、光と輝きがXNUMXつであり、互いに異質ではないのと同様に、父親と息子はXNUMXつであり、互いに異質ではなく、同じ性質のものです。 神が永遠の光であるように、永遠の放射としての神の御子は、始まりも終わりもなく、永遠の光の中の神です (121ページ)。

アタナシウスは、彼と他の教会当局者がニースクリードに正しく提示した重要なポイントをまとめました。 (ギリシャ語= ousia)神様。 そうでない場合、イエスが「私を見た人は父親も見た」と告げても意味がなかったでしょう。 (ヨハネ14,9)。 イエスが本質的に同じではないかどうかトーランスが指摘するように (XNUMX頭のオイザ)父親と (したがって、完全に神)、私たちはイエスにおける神の完全な啓示を持っていません。 しかし、イエスが彼が本当にこの啓示であることを告げられたとき、彼に会うことは父親に会うことを意味し、彼を聞くことは父親をそのまま聞くことを意味します。 イエス・キリストは、その本質、つまり本質的な現実と性質によって、父の子です。 119ページの「三位一体の信仰」におけるトーランスのコメント:父と息子の関係は、神であるという点で完全かつ完全に相互に関連しています。神は永遠であり、同時に父と息子のために存在しています。 彼が永遠に息子の父であるように、神は父であり、息子は彼が永遠に父の息子であるように神の神です。 父親と息子の間には完全な永遠の機密性があり、それらの間の存在、時間、知識の「距離」はありません。

父と息子は本質的に一つなので、彼らはまた一つのことです (アクション)。 トーランスが神のクリスチャンの教義に書いたことに注目してください。息子と父の間には存在と行動の間に途切れのない関係があり、この関係はイエス・キリストにおける私たちの人間の存在に一度限り具体化されました。 ですから、イエス・キリストの後ろに神はおらず、この神だけが私たちの顔を主イエスの顔に見ています。 暗くて計り知れない神、私たちが何も知らない神は存在しませんが、私たちの罪の良心がその品格に硬い縞を描くときだけ、私たちは震えることができます。

イエス・キリストで私たちに明らかにされたこの自然の理解 (本質)神の、新約聖書の正典を正式に決定するプロセスで重要な役割を果たした。 父と息子の完全な一致を維持しなかった場合、新約聖書への掲載を検討する本はありません。 この真実と現実が主要な通訳者として (すなわち解釈的)新約聖書の内容が教会のために決定された基本的な真実。 父と息子が (心を含む)は性質と行動のXNUMXつであり、恵みの性質を理解するのに役立ちます。 恵みは神と人間の間に立つために神によって作成された物質ではありませんが、トーランスがそれを説明するように、「贈り物と贈り主が不可分に神である彼の転生した息子において神は私たちへの恵みです」。 神の救いの恵みの偉大さは、イエス・キリストという人です。

三位一体の神、永遠の光は、肉体的にも霊的にも、すべての「悟り」の源です。 光を呼んだ父は息子を世の光に、父と息子はすべての人々に悟りをもたらす精神を送りました。 神は«近づきがたい光の中で生きています» (1テモ6,16)彼は、転生した息子、イエスキリストの「顔」で、彼の精神を通して私たちに自分自身を明らかにしました (2コリント人への手紙4,6:XNUMXを参照)。 この圧倒的な光を「見る」ために最初は疑わしく見えなければならなかったとしても、それを取り込んだ人々はすぐに闇が遠く広く分散していることに気づきます。

光の暖かさの中で

ジョセフ・トカッハ
グレースコミュニティーインターナショナル会長


PDFファイル光の性質、神と恵み