聖霊 - 機能性か個性か?

036聖霊 聖霊はしばしば以下のような機能の観点から説明されます。 神の力、存在、行動、あるいは声。 これは心を説明するのに適した方法ですか?

イエスは神の力とも言われています (ピリピ4,13)、神の臨在 (ガラテヤ2,20)、神の行動 (ヨハネ5,19)そして神の声 (ヨハネ3,34)。 しかし、私たちは人格の観点からイエスについて話します。

聖書はまた、人格の属性を聖霊に帰するものであり、その後、単なる機能性を超えて霊のプロファイルを高めています。 聖霊には意志がある (1コリント人への手紙12,11:「しかし、これはすべて同じ精神で機能し、誰もが望むものを与える」)。 聖霊は探求し、知り、教え、そして差別化します (1コリント2,10:13)。

聖霊には感情があります。 恵みの精神は邪悪になることができます (ヘブライ10,29)そして悲しみ (エフェソス4,30)。 聖霊は私たちを慰め、イエスのようにヘルパーと呼ばれました (ヨハネ14,16)。 聖書の他の箇所では、聖霊は話し、命令し、証し、嘘をつき、入り、努力するなどしています。...これらの用語はすべて人格と一致しています。

聖書的に言えば、心は何であるかではなく、誰であるかです。 心は「誰か」であり、「何か」ではありません。 ほとんどのクリスチャンサークルでは、聖霊は「彼」と呼ばれ、性別を示すものとして理解されていません。 むしろ、それは心の個性を示すために使用されます。

霊の神性

聖書は神の特質を聖霊に帰します。 彼は天使的または人間的な性質を持っているとは説明されていません。 仕事33,4:XNUMXつのメモ:「神の霊が私を造り、全能者の息が私に命を与えました。」 聖霊が創造する。 心は永遠です (ヘブライ9,14)。 遍在する (詩篇139,7)。

聖典を研究すると、御霊が全能で、全能であり、命を与えることがわかります。 これらはすべて神の性質の特性です。 その結果、聖書は聖霊を神聖なものとして説明しています。