三位一体についての質問

三位一体についての180の質問 父は神であり、息子は神であり、聖霊は神ですが、神はたった一人です。 しばらく待つと言う人もいます。 «XNUMXプラスXNUMXプラスXNUMXはXNUMXに等しいですか? それは本当ではありえない。 うまくいきません»

そうです、それは機能しません-そして、それも機能すべきではありません。 神は合算する「もの」ではありません。 全能で、賢く、遍在する人しか存在できません-したがって、神は一人しか存在できません。 御霊の世界では、父、子、聖霊は、物質的な物体ができないような方法で結びついています。 私たちの数学は物質的なものに基づいています。 それは常に無限の精神的な次元で機能するとは限りません。

父は神であり、息子は神ですが、神はたった一人です。 これは家族や神の存在の委員会ではありません-グループは言うことができません:「私のような誰もいない」 (イザヤ43,10; 44,6; 45,5)。 神はただの神聖な存在です-人よりも神だけです。 初期のクリスチャンは異教主義や哲学からこの考えを得ていませんでした-彼らは実際に聖書によってそうすることを余儀なくされました。

聖書がキリストが神であると教えているように、彼女は聖霊が神であり個人的であると教えています。 聖霊が何をしても、神はします。 御子と御父がそうであるように、聖霊は神です - 一人の神、三位一体に完全に団結している3人。

キリストの祈りの問題

質問はしばしば尋ねられます:神は一つなので (XNUMX)なぜイエスは父に祈らなければならなかったのですか? この質問の背後には、神の一致がイエスであるという仮定があります (神であった)父親に祈ることを許可しませんでした。 神は一人です。 それで、イエスは誰に祈りましたか? この図は、質問に対する満足のいく答えを得たい場合に明確にする必要があるXNUMXつの重要なポイントを無視しています。 最初の点は、「言葉は神であった」という言葉は、神がロゴ[言葉]だけであったことを確認するものではないということです。 「そして神は言葉だった」という表現の「神」という言葉 (ジョン1,1)は固有名詞として使用されていません。 言葉遣いは、ロゴスが神であったことを意味します-ロゴスは神と同じ性質でした-ある存在、ある性質。 「ロゴスは神であった」という表現がロゴスが神のみであったことを意味すると仮定するのは誤りです。 この観点から、この表現はキリストが父に祈ることを妨げるものではありません。 つまり、キリストがいて、父親がいて、キリストが父親に祈っても違和感はありません。

明確にする必要があるXNUMX番目のポイントは、ロゴが肉になったことです (ヨハネ1,14)。 この声明によると、神のロゴは実際には人間になりました-文字通りの限られた人間であり、人々を特徴付けるそのすべての特徴と制限があります。 彼は人間の本性に伴うすべてのニーズを持っていました。 彼は生き続けるために食物を必要としました、彼は祈りを通して神と交わりを持つ必要性を含む精神的で感情的な必要性を持っていました。 この必要性は、以下で明らかになります。

明確にする必要がある3つ目のポイントは、彼の罪のないことです。 祈りは罪人のためだけのものではありません。 罪のない人でさえ、神を賛美し、神の助けを求めることができ、またそうすべきです。 人間、限られた存在は神に祈らなければならず、神との交わりを持たなければなりません。 人間であるイエス・キリストは、無限の神に祈らなければなりませんでした。

これは同じ時点でなされた4番目の過ちを訂正する必要性を上げます:祈る必要性が祈る人が人間にすぎないという証拠であるという仮定。 この仮定は、歪んだ祈りの見方から多くの人々の心の中へ - 人間の不完全性が祈りの唯一の根拠であるという見方から - 入り込んできました。 この概念は、聖書からも、神によって明らかにされた他の何からもとられていません。 アダムは、たとえ彼が罪を犯さなかったとしても、祈るべきでした。 彼の罪のなさが彼の祈りを不必要にすることはなかったでしょう。 たとえ彼が完璧であったとしても、キリストは祈りました。

上記の説明を念頭に置いて、質問に答えることができます。 キリストは神でしたが、彼は父親ではありませんでした (または聖霊); 彼は父親に祈ることができました。 キリストは人間でもありました-限られた、文字通り限られた人間。 彼は父親に祈らなければなりませんでした。 キリストはまた新しいアダムでした-アダムであるべきだった完全な人の例; 彼は常に神と交わりました。 キリストは人間以上のものであり、そして祈りはこの地位を変えません。 彼は人間になった神の御子として祈りました。 祈りが人間以上の人にとって不適切または不必要であるという信念は、神の啓示に由来するものではありません。

マイケル・モリソン