神:三人の神?

三位一体の教義は三つの神がいると言っていますか?

トリニティ・ドクトリン(トリニティ・ドクトリン)が「人」という用語を使うとき、XNUMXつの神が存在すると教えていると誤って想定している人もいます。 彼らは次のように言います:もし父なる神が本当に「人」であるなら、彼は彼自身の神です (神性の性質を持っているからです)。 彼は「一人の」神として数えられるでしょう。 同じことが息子と聖霊についても言えます。 したがって、XNUMXつの別々の神が存在します。

これは、三位一体の考え方に関する一般的な誤解です。 実際、三位一体の教義は、父、子、聖霊のいずれもが神の完全な性質をそれぞれ満たすとは決して主張しません。 三位一体と三位一体を混同することはできません。 三位一体が神について言っていることは、神は本質的に一つであるが、その性質の内的区別の点では三つであるということです。 キリスト教学者のエメリー・バンクロフトは彼の本「キリスト教神学」にそれを持っています (「クリスチャン神学」)、87-88ページ、次のように:

" お父さん それ自体は神ではない。 なぜなら、神は父だけでなく、子と聖霊でもあるからです。 父という言葉は、神が御子との関係にあり、御子と聖霊を通して教会との関係であるという、神の性質におけるこの個人的な区別を表します。

息子 それ自体は神ではない。 なぜなら、神は子であるだけでなく、父と聖霊でもあるからです。 御子はこの区別を神の性質に記し、それに従って神は御父と関係があり、御父によって世界を贖うために送られ、そして御父と共に御霊を送ります。

聖霊 それ自体は神ではない。 なぜなら、神は聖霊だけでなく、父と子でもあるからです。 聖霊は、神が父と子に関係していて、不信心をよみがえらせ、教会を神聖にするという仕事を果たすために彼らによって送られた、神の性質におけるこの区別を特徴付けています。」

私たちが三位一体の教義を理解しようとするとき、私たちは「神」という言葉をどのように使って理解するかについてかなり注意しなければなりません。 例えば、新約聖書が神の一致について述べているものは何でも、それはイエス・キリストと父なる神の間にも違いをもたらします。 この時点で、Bancroftからの上記の公式は有用です。 正確に言うと、私たちは神のいかなる静寂または「人」に言及するとき、「神、父」、「神、子」、および「神、聖霊」について話すべきです。

「限界」について話したり、類推を使用したり、他の方法で神の性質を説明しようとしたりすることは確かに合法です。 この問題はクリスチャンの学者によってよく理解されています。 彼の記事で三位一体神学のポイント (「三位一体神学のポイント」、1988、トロントジャーナル・オブ・セオロジー)は、この制限についてトロント神学大学の教授であるロジャー・ハイト氏は述べています。 彼はトリニティ神学のいくつかの問題を公然と認めていますが、トリニティが神の性質の強力な説明であることも説明しています-私たち人間がこの性質を理解できる限り。

尊敬される神学者であり神学教授でもあるミラード・エリクソンも、この制限を認めています。 彼の本の中で三人の神 (「258人の神」)XNUMXページで、彼は別の学者による「無知」の承認と彼自身のことについて言及しています。

「(スティーブン)デイビスは(三位一体の)一般的な現代の陳述を調べ、彼らが達成しようとしていることを達成していないことを理解することによって、彼は彼が彼が謎に対処していると感じていると認めて正直だった、 私たちの多くは、それが強く求められているとき、私たちが神がどのように一つであり、どのように異なるのかということを私たちが本当に知らないことを認めなければなりません。 "

私たちは、神が同時にどのようにして1と3になることができるかを本当に理解していますか? もちろん違います。 私たちは神についての経験的な知識を持っていません。 私たちの経験は限られているだけでなく、私たちの言語も限られています。 神の仮説の代わりに「人」という言葉を使うことは妥協です。 私たちは私たちの神の個人的な性格を強調する言葉を必要とし、そしてどういうわけか違いの概念を含みます。 残念なことに、「人」という言葉には、人間に適用されるときの分離の概念も含まれています。 三位一体の教義に従う者たちは、神は人々の集団の場合のようにそのような人から成っていないことを理解しています。 しかし、「神性」の人は何ですか?私たちには答えがありません。 それは個人的な言葉であり、そして何よりも、神は私たちとの関係において個人的な存在であるため、私たちは神のあらゆる恒常性維持のために「人」という言葉を使います。

人が三位一体の神学を拒絶するならば、彼または彼女は神の一致を維持するという説明がありません - それは絶対的な聖書の要求です。 それがクリスチャンがこの教義を策定した理由です。 彼らは神が一つであるという真実を受け入れました。 しかし彼らはまた、イエス・キリストも聖書の中で神性の観点から説明されていることを説明したかったのです。 それが聖霊に当てはまるように。 三位一体の教義は、人間の言葉や考えが許すのと同様に、神が同時に一人と三人になることができる方法を説明するという正確な意図を持って開発されました。

神の性質についての他の説明は何世紀にもわたって生み出されてきました。 その一例がアリアニズムです。 この理論は、息子は創造された存在であり、神の一致が保たれることを主張しています。 残念なことに、Ariusの結論は根本的に欠陥がありました。なぜなら、Sonは創造された存在ではあり得ず、それでも神でありえないからです。 御子と聖霊の啓示の観点から神の性質を説明するために提唱されてきたすべての理論は、不十分であると証明されただけでなく、致命的な誤りです。 それが三位一体の教義が何世紀にもわたって神の性質の説明として生き残った理由であり、それは聖書の証言の真実を保存します。

ポール・クロール


PDFファイル神:三人の神?