死ぬために生まれた

死ぬために生まれた306 キリスト教の信仰は、神の子が所定の場所で肉となり、私たち人間の間に住んだというメッセージを宣言しています。 イエスは人格が非常に優れていたので、人間であることを疑う人もいました。 しかし、聖書は常に彼が実際には神である-女性から生まれた-人間であることを強調しているので、私たちの罪深さを除けば、彼はあらゆる点で私たちのようでした (ヨハネ1,14:4,4、ガラテヤ2,7、2,17、ピリピXNUMX、XNUMX、ヘブライXNUMX、XNUMX)。 彼は実際には人間でした。 受胎告知の饗宴、25月XNUMX日の伝統的なカレンダーによると、イエスキリストの化身は、実際にはマリアの妊娠で始まったとしても、通常はクリスマスで祝われます (以前は、受肉または神の受肉の祭とも呼ばれていました)。

十字架につけられたキリスト

イエスの概念と誕生が重要であると信じるほど重要であるので、それらは私たちが世界にもたらす信仰のメッセージの最優先事項ではありません。 パウロはコリントで説教したとき、はるかに挑発的なメッセージを宣言しました:十字架につけられたキリストのメッセージ (1コリント1,23)。

グレコローマンの世界では多くの神​​々の物語が生まれましたが、誰もが十字架につけられたことを聞いたことがありません。 それはグロテスクでした - 彼らが処刑された犯罪者だけを信じるなら人々に救いを与えることに似た何か。 しかし、どうすれば犯罪者によって救われることが可能であるべきですか?

しかし、それが決定的なポイントでした。神の御子は十字架上で犯罪者のように恥ずべき死を遂げ、その後復活によって栄光を取り戻しました。 ピーターは評議会にこう説明しました:「私たちの先祖の神はイエスをよみがえらせました...神は彼を右手で彼を持ち上げて、イスラエルを悔い改めて罪を許すために王子と救い主としてなりました」 (使徒5,30:31)。 イエスは死からよみがえられ、私たちの罪を贖うために高揚されました。

しかし、ピーターは話の恥ずかしい部分に入るのに失敗しませんでした:「あなたは木にぶら下がって殺した...」。 「木」という用語は、間違いなくユダヤ人の信仰指導者たちに申命記5:21,23の「絞首刑にされた男は神に呪われている」という言葉を思い出させました。

アウウェイア! ピーターはなぜこれを取り上げなければならなかったのですか? 彼は社会政治的崖を迂回しようとするのではなく、意識的にこの側面を含めました。 彼のメッセージはイエスが死んだというだけではなく、この不名誉な方法でした。 これはメッセージの一部であるだけでなく、その中心的なメッセージでもありました。 パウロがコリントで説教したとき、パウロはキリストの死を理解するだけでなく、十字架での死を見ることを宣言の中心的な関心事にしたかったのです。 (1コリント1,23)。

ガラティアでは明らかに彼は特に鮮やかな表現を使用しました:「...十字架につけられた者の目の前に描かれたイエスキリスト」 (ガラテア3,1)。 なぜパウロは、聖書が神ののろいの確かなしるしとみなすほどひどい死を非常に強調したのでしょうか。

それは必要でしたか?

なぜイエス様はそんなにひどい死を余儀なくされたのでしょうか。 パウロはおそらくこの問題を長い間詳細に扱ってきました。 彼はよみがえられたキリストを見て、神がこのまさしくその人に救世主を遣わされたことを知っていました。 しかし、聖書が呪いと見なしている油そそがれた死を神がなぜ死なせたのか。 (したがって、イスラム教徒はイエスが十字架につけられたとは信じていません。彼らの目には、彼は預言者であり、神はこれがこの立場で彼に起こることをほとんど許可しなかったでしょう。彼らはイエスの代わりに他の誰かが十字架につけられたという見方をしていますされています。)

確かに、イエスは彼のために別の方法があるかもしれないとゲッセマネの園で祈りましたが、それはありませんでした。 ヘロデとピラトは単に神が「運命づけられたことが起こるべきである」こと、すなわち、彼がこの呪われた方法で死ぬべきであることを実行した (使徒4,28;チューリッヒ聖書)。

なんで? イエスは私たちのために-私たちの罪のために-死んだから、そして私たちの罪深さのために私たちは呪われています。 私たちの軽微な虐待でさえ、神の前での非難のはかりつけに相当します。 人類はすべて罪を犯しているので呪われています。 しかし福音の良い知らせは、「しかし、キリストは私たちのためにのろいになったので、律法ののろいから解放されました」と約束しています。 (ガラテア3,13)。 イエスは私たち一人一人に十字架につけられました。 彼は私たちが耐えるに値する痛みと恥を取りました。

その他の類推

しかし、聖書が私たちに示しているのはこれだけではありません、そしてパウロは彼の手紙のXNUMXつでこの特定の視点に取り組んでいるだけです。 多くの場合、彼はイエスが「私たちのために死んだ」と単に言います。 一見すると、ここで選択されたフレーズは単純な交換のように見えます。私たちは死に値し、イエスは私たちのために自発的に死ぬことを申し出たので、これを免れます。

ただし、それほど単純ではありません。 一つには、私たち人間はまだ死にます。 そして別の観点から、私たちはキリストと共に死ぬ (ローマ6,3-5)。 このアナロジーに従って、イエスの死は私たちを代表していた (彼は私たちの場所で亡くなりました)そして参加者 (すなわち、私たちは彼と死ぬことによって彼の死を分かち合う); これは何が重要かをかなり明確にします。私たちはイエスのはりつけによって贖われるので、私たちはキリストの十字架によってのみ救われることができます。

イエスご自身が選択した別のアナロジーでは、身代金を比較として使用しています。「...人の子は奉仕されるようになったのではなく、奉仕し、多くの人の身代金として彼の人生を与えるために」 (マーク10,45)。 まるで敵に捕らわれ、イエスの死によって自由が確保されたかのようです。

パウロは私たちが身代金を支払われたと言って同様の比較をします。 この言葉は奴隷市場の何人かの読者を思い出させるかもしれませんし、他の人はおそらくエジプトからのイスラエル人の流出をも思い出させます。 奴隷は奴隷制から身代金を得ることができるので、神はまた自由にイスラエルの人々をエジプトから購入しました。 彼の息子を送ることによって、私たちの天の御父は私たちを心から買いました。 彼は私たちの罪の罰を受けました。

コロサイ2,15では、比較のために別の画像が使用されています。 彼の中で[十字架の中で]彼は彼女に勝利を収めました» (エルバーフェルド聖書)。 ここに描かれた絵は勝利のパレードを表しています。勝利した軍事指導者は武装していない屈辱的な囚人を鎖で都市に連れてきます。 コロサイ人への手紙のこの一節は、はりつけによってイエス・キリストが彼のすべての敵の力を壊し、私たちのために私たちを獲得したことを明らかにしています。

聖書は、しっかりと確立された不変の信念の形ではなく、写真で救いのメッセージを私たちに伝えています。 例えば、イエスの犠牲的な死は、聖書が重要な点を明確にするために利用している多くのイメージのうちの1つではなく、私たちのものです。 罪が多くの点で記述されているように、私たちの罪を償うためのイエスの働きは異なって提示されることがあります。 私たちが罪を律法に違反しているとみなすならば、私たちははりつけの中で私たちのところで行われた罰の行為を認めることができます。 私たちがそれらを神の聖さの侵害とみなすならば、私たちはイエスの中で贖いの犠牲を見ます。 それが私たちを汚染するとき、イエスの血は私たちを清潔に洗い流します。 私たちが自分自身を征服するなら、イエスは私たちの救い主、私たちの勝利の解放者です。 彼女が敵意を示すところはどこでも、イエスは和解をもたらします。 その中に無知や愚かさのしるしがあるのなら、悟りと知恵を与えてくれるのはイエスです。 これらの写真はすべて私たちの助けになります。

神の怒りは和らぎますか?

無神は神の怒りを引き起こし、それは彼が世界を判断する「怒りの日」になります (ローマ1,18; 2,5)。 「真実に従わない」者は罰せられる (8節)。 神は人々を愛しており、むしろ彼らが変わるのを見たいと思っていますが、彼らがしつこく彼に反対している場合、彼は彼らを罰します。 神の愛と恵みの真理から自分を遮断した者は、罰を受けるでしょう。

落ち着く前になだめる必要がある怒っている人とは異なり、彼は私たちを愛し、罪が赦されることを確認しました。 そのため、彼らは単に一掃されただけでなく、実際の結果を伴ってイエスに移送されました。 「彼は罪を知らない人を私たちのために罪にした」 (2コリント5,21;チューリッヒ聖書)。 イエスは私たちにとってのろいとなり、彼は私たちの罪となりました。 私たちの罪が彼に移されたように、彼の義は私たちに渡されました。「私たちは彼の中で神の義となることができるように」 (それ自身の詩)。 私たちは神から義を与えられました。

神の義の啓示

福音は神の義を明らかにします-彼は私たちを判断するのではなく私たちを許すために義であることを (ローマ1,17)。 彼は私たちの罪を無視しませんが、イエス・キリストのはりつけでそれらの世話をします。 十字架は両方の神の義のしるしです (ローマ3,25:26)そして彼の愛 (5,8)。 それは、死による罪の罰を十分に反映しているので正義を表しますが、同時に、赦しは痛みを快く受け入れてくれるので、愛を表します。

イエスは私たちの罪の代価、すなわち苦痛と恥の形の個人的な代価を支払われました。 彼は和解を得た (個人的なコミュニティの回復)十字架を通して (コロサイ1,20)。 私たちがまだ敵だったときでさえ、彼は私たちのために死にました (ローマ5,8)。
正義は遵法以上のものです。 グッドサマリア人は彼が負傷者を助けることを要求する法律には従わなかったが、彼は助けて正しく行動した。

溺れている人を救うことが私たちの力であるなら、私たちはそれをためらうべきではありません。 そして、罪深い世界を救うのは神の力でした、そして彼はイエス・キリストを送ることによってそうしました。 «...それは私たちの罪だけでなく、全世界の罪の和解でもあります» (1ヨハネ2,2)。 彼は私たち全員のために死にました、そして彼は「私たちがまだ罪人であった時」でさえそれをしました。

信仰によって

私たちに対する神の憐れみは、彼の義のしるしです。 私たちが罪人であるにもかかわらず、彼は私たちに正義を与えることによって公正に行動します。 なんで? 彼はキリストを私たちの義にしたので (1コリント1,30)。 私たちはキリストと団結しているので、私たちの罪は彼に移り、私たちは彼の義を達成します。 私たちは自分自身から正義を持っているのではなく、それは神から来て、私たちの信仰を通して私たちに与えられています (フィリピアン3,9)。

「しかし、私は神の前の義について話している。それは信じるすべての人へのイエス・キリストへの信仰を通してもたらされる。 ここには違いがないので、彼らはすべて罪人であり、神と一緒に持つべき栄光に欠けています。そして、キリストイエスを通して来た救いを通して、神の恵みを正当な理由なく行います。 神は信仰のために、彼の血の贖いとして、忍耐の時に以前に犯された罪を許して義を証明するようにそれを設定しました。イエスを信じてそこにいる人を作る» (ローマ3,22-26)。

イエスの贖罪はすべての人のためでしたが、イエスを信じる者だけがそれに伴う祝福を受けます。 真実を受け入れる人だけが恵みを経験することができます。 私たちは彼の死を私たちの死と認めます (彼が私たちが参加する私たちの代わりに彼が苦しんだ死として) 彼の罰のように、私たちは彼の勝利と復活を私たちのものとして認識します。 ですから、神はご自分に忠実であり、慈悲深く、公正です。 罪は罪人自身と同じくらい見過ごされがちです神の憐れみが裁きを勝利 (ジェームズ2,13)。

十字架を通して、キリストは全世界を和解させました (2コリント5,19)。 はい、全宇宙は十字架を通して神と和解します (コロサイ1,20)。 イエスがしたことから、すべての被造物に救いが与えられます! これは、救いという用語に関連するすべてのものを本当に超えていますね。

死ぬために生まれた

要するに、私たちはイエス・キリストの死によって救われているということです。 はい、それが彼が肉になった理由です。 私たちを栄光へと導くために、神はイエスを苦しませて死なせることを喜ばれました (ヘブライ2,10)。 彼は私たちを償還したかったので、私たちのようになりました。 私たちのために死ぬことによってのみ、彼は私たちを救うことができたからです。

「子供たちは肉と血でできているので、彼はまたそれを等しく受け入れました、それで彼の死によって彼は死を支配している人々、すなわち悪魔から力を奪い、全体として死を恐れる人々を贖いました。人生はしもべでなければなりませんでした» (2,14-15)。 神の恵みにより、イエスは私たち一人一人のために死に苦しみました (2,9)。 「……キリストはかつて罪のために、不正のために苦しんだので、あなたを神に導いた…」 (1ピーター3,18)。

聖書は、イエス様が十字架で私たちのためにしてくださったことを振り返る多くの機会を与えてくれます。 私たちは確かにすべてがどのように「相互に関連している」か詳細に理解していませんが、そうであると認めています。 彼が亡くなったので、私たちは永遠の命を神と楽しく共有することができます。

最後に、クロスの別の側面、つまりモデルの側面を取り上げます。
«私たちの間には神の愛が現れました、神は私たちが彼を通して生きるべきであるように彼の独り子を世に送りました。 これは愛です。私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、息子を私たちの罪の贖いに送ったのです。 愛する人、神が私たちを愛してくださったなら、私たちはお互いも愛する必要があります» (1ヨハネ4,9:11)。

ジョセフ・トカッハ


PDFファイル死ぬために生まれた