神はどうですか?

017 wkg bs神父

聖書の証言によると、神は、永遠で同一であるが異なるXNUMX人の人、つまり父、子、聖霊の中にいる神聖な存在です。 彼は唯一の真の神であり、永遠で、変わらず、全能であり、全知であり、全能である。 彼は天と地の創造者であり、宇宙の維持者であり、人類の救いの源です。 超越的ですが、神は人々に直接そして個人的に行動します。 神は愛と無限の善 (マルコ12,29:1、テモテ第一1,17:4,6、エフェソス28,19:1、マタイ4,8:5,20、ヨハネ2,11:16,27、2:13,13、テトス1:8,4、ヨハネ6、コリント人XNUMX ;コリント人への手紙XNUMX:XNUMX)。

«父なる神は神の最初の人であり、起源のない人であり、息子は何年も前に生まれ、聖霊は息子を通して永遠に進んでいます。 息子を通して目に見えるものと見えないものすべてを創造した父は、私たちが救いを得ることができるように息子を送り出し、神の子供としての私たちの更新と受け入れのために聖霊を与えます» (ジョン1,1.14、18;ローマ人15,6;コロサイ人1,15-16;ジョン3,16; 14,26; 15,26;ローマ人8,14-17;行為17,28)。

私たちは神を創造しましたか、それとも神は私たちを創造しましたか?

神は宗教的ではなく、親切です。「私たちの一人、アメリカ人、資本家」は最近出版された本のタイトルです。 神についての誤解について論じています。

私たちの構成物が私たちの家族や友人を通して神によってどのように形成されたかを調べることは興味深い演習です。 文学を通してそして芸術を通して; テレビやメディアを通じて。 歌や民俗学を通して; 私たち自身の欲求とニーズを通して; そしてもちろん、宗教的な経験と人気のある哲学を通して。 現実には、神は構成物でも概念でもありません。 神はアイデアではなく、私たちの知的な心の抽象的な概念でもありません。

聖書の観点からは、すべては、私たちが作成しなかった神や私たちが形作らなかった性格や資質であるアイデアを開発する私たちの考えや能力さえも、来ます (コロサイ人1,16-17;ヘブライ人1,3); 単に神である神。 神には始まりも終わりもありません。

初めは人間の神の概念はなく、むしろ初めにありました (神が私たちの限られた理解のために使用する一時的な参照)神 (創世記1;ジョン1,1)。 私たちは神を創造しなかったが、神は彼のイメージで私たちを創造した (創世記1:1,27)。 したがって、神は私たちです。 永遠の神はすべてのものの創造者です (使徒17,24:25〜40,28); イザヤXNUMX:XNUMXなど)そして彼を通してのみすべてのものが存在します。

多くの本が、神がどのようなものであるかについて推測しています。 間違いなく、私たちは、神が誰であり、神が何をしているのかについての私たちの見解を説明する特徴と主要な言葉のリストを思いつくことができました。 しかし、この研究の目的は、神が聖書にどのように記述されているかに注目し、これらの記述が信者にとってなぜ重要なのかを議論することです。

聖書は創造主を永遠の、見えない、allwiとして描写していますss終わりと全能の

神は彼の創造の前にいます (詩編90,2:XNUMX)そして彼は「永遠に生きる」 (イザヤ57,15)。 «誰も神を見たことがない» (ヨハネ1,18)そして彼は肉体的ではなく、「神は霊」です (ヨハネ4,24)。 時間と空間に制限されず、何も隠されていない (詩篇139,1:12-1; 8,27キングス23,24、エレミヤXNUMX)。 彼は「すべてを知っている」 (1ヨハネ3,20)。

創世記1章:17,1神はアブラハムに宣言します:「私は全能の神です」、そして黙示録4,8:XNUMXではXNUMX人の生き物は「聖なる、聖なる、聖なる、神はそこにいた全能の主です誰がそこにいて誰が来るのか»。 ≪主の声は力強く、主の声は壮大です≫ (詩篇29,4)。

パウロはティモシーに次のように指示します。 アーメン" (1テモテ1,17)。 神についての同様の記述は異教の文献や多くの非キリスト教の宗教的伝統に見られます。

パウロは、創造の奇跡を見れば、神の主権は誰にとっても明白であるべきだと示唆しています。 「なぜなら、神の見えない存在、彼の永遠の力と神格は、世界の創造以来彼の作品から見られてきたからです」 (ローマ1,20)。
パウロの見解はかなり明確です:人々は「自分の考えの中で虚無に陥っています (ローマ1,21:17,22)そして彼らは彼ら自身の宗教と偶像崇拝を作りました。 また、使徒31:XNUMXで、神の性質について人々は本当に混乱する可能性があると指摘しています。

キリスト教の神と他の神との間には質的な違いはありますか? 
聖書の観点から見ると、偶像、ギリシャ、ローマ、メソポタミア、その他の神話の古代の神々、現在と過去の崇拝の対象は決して神ではありません。 (申告5)。 真の神以外に神はいない (出エジプト記2:15,11; 1王8,23:86,8;詩篇95,3:XNUMX;)。

イザヤは他の神々は「何もない」と説明しています (イザヤ41,24)そしてパウロは、これらの「いわゆる神々」には神性がないと断言します。なぜなら、「神は唯一、神はすべての父である神だから」です。 (1コリント8,4:6)。 «私たちは皆父親がいないのですか? 神は私たちを創造しませんでしたか?» 預言者マラキは修辞的に尋ねます。 エフェソス4,6章も参照してください。

信者が神の威厳を認め、一人の神に畏敬の念を抱くことは重要です。 しかし、これだけでは十分ではありません。 「ほら、神は素晴らしくて理解不可能な、彼の年数を研究することは誰にもできない」 (ジョブ36,26)。 聖書の神の崇拝といわゆる神々の崇拝との顕著な違いは、聖書の神は私たちに彼を完全に知ることを望んでおり、また個人的にも個人的にも私たちを知りたいということです。 父なる神は遠くから私たちと関わりたくないのです。 彼は「私たちに近い」であり、「遠くにいる神」ではない (エレミヤ23,23)。

神は誰ですか

したがって、私たちがイメージされている神はXNUMXつです。 私たちが神のかたちに造られていることの一つの意味は、私たちが神のようになる可能性です。 しかし、神はどのようなものですか? 聖書は、神が誰であるか、そして彼が何であるかを明らかにすることに多くのスペースを捧げています。 聖書の神の概念をいくつか調べてみましょう。神がどのようなものであるかを理解することで、信者が他の人々との関係を築くための精神的な資質がどのように刺激されるかを見ていきましょう。

重要なことに、聖典は、偉大さ、全能性、全能性などの観点から神のイメージを反映するように信者に指示していません。 神は聖なる (黙示録6,10:1; 2,2サミュエル78,4:99,9;詩篇111,9;;)。 神は彼の神聖さにおいて栄光です (創世記2:15,11)。 多くの神学者は、神聖さを神の目的のために分離または奉献される状態と定義しています。 聖さは、神が誰であるかを定義し、彼を偽りの神から区別する性質の全体の集まりです。

ヘブル人への手紙第2,14章XNUMX節は、聖さなしでは「だれも主を見ることができない」と告げています。 «…しかし、あなたを呼んだ人が神聖であるのと同じように、あなたもすべての変化において神聖でなければなりません» (1ピーター1,15-16;レビ記3)。 私たちは「彼の神聖さを分かち合う」べきです (ヘブライ12,10)。 神は愛であり、憐れみに満ちています (1ヨハネ4,8:112,4;詩篇145,8:1;:XNUMX)。ヨハネの上記の一節は、神は愛であるため、神を知っている人は他人への放射的な関心によって識別できると述べています。 「世界の創設の前に」神の中で開花した愛 (ヨハネ17,24)愛は神の固有の性質だからです。

彼は憐れみを示すので[思いやり]、私たちもお互いに憐れみを示すべきです (1ペテロ3,8:7,9、ゼカリヤXNUMX:XNUMX)。 神は慈悲深く、慈悲深く、寛容です (1ペテロ2,3:2;出エジプト34,6;詩篇86,15; 111,4; 116,5)。  

神の愛の表れは「彼の偉大さ」です (C3,2、XNUMX)。 神は«許す準備ができており、彼は優雅で慈悲深く、忍耐強く、そして非常に親切です» (ネヘミヤ9,17)。 «しかし、私たちの神、主よ、あなたには憐れみと許しがあります。 私たちは背教者になったので» (Daniel 9,9)。

「すべての恵みの神」 (ペテロ第一1:5,10)彼の恵みが広がることを期待 (コリント人への第二の手紙2:4,15)そしてクリスチャンは他人との関係における彼の恵みと許しを反映している (エフェソス4,32)。 神は良いです (ルカ18,19、1時間16,34、詩篇25,8、34,8、86,5、145,9)。

«すべての良い贈り物とすべての完璧な贈り物は、光の父から上から来ています» (ジェームズ1,17)。
神の良さを受け取ることは悔い改めの準備です-«またはあなたは神の良さの豊かさを軽んじますか...神の良さがあなたを悔い改めに導くことを知らないのですか» (ローマ2,4:XNUMX)?

「私たちが求めたり理解したりすることを超えて熱心に」できる神 (エフェソス3,20)信者に「すべての人に善を行う」と告げる (3ジョン11)。

神は私たちのためです (ローマ8,31)

もちろん、神は肉体的な言葉で説明できる以上のものです。 ≪サイズは検索できません≫ (詩篇145,3:XNUMX)。 どうすれば彼を知り、彼のイメージを反映させることができますか? 聖く、愛情深く、思いやりがあり、優雅で、慈悲深く、寛容で、善でありたいという彼の願望をどのように満たすことができるでしょうか。

神様、«変化も光も闇も変わらない方» (ジェームズ1,17)そしてその性格と恵みに満ちた目的は変わらない (タイムズ3,6)私たちのための道を開きました。 彼は私たちのためであり、私たちが彼の子供であることを望んでいます (1ヨハネ3,1)。

ヘブル人への手紙1,3:XNUMXは、永遠に創造された神の子であるイエスが、神の内なる存在、つまり「彼の人の像」を正確に反映していることを私たちに知らせています。 (ヘブライ1,3)。 父の具体的な写真が必要な場合-イエスはそうです。 彼は「見えざる神の像」です (コロサイ1,15)。

キリストは言った:«私の父は私にすべてを与えてくれました。 誰も息子を知らず、父親だけを知っています。 そしてだれも父親を息子だけで、息子が明らかにしたいと思っている人を知りません» (マタイ11,27)。

Schluss結論

神を知る方法は彼の息子を通してです。 聖書は神がどのようなものであるかを明らかにしています、そしてこれは私たちが神のイメージで作られたので信者にとって重要です。

ジェームズ・ヘンダーソン