教会は何ですか?

023 wkg bsチャーチ

キリストの体である教会は、イエス・キリストを信じ、聖霊が住むすべての人々の共同体です。 教会の使命は、福音を説教し、キリストが命じたすべてのことを教え、バプテスマを施し、群れを放牧することです。 この使命を果たすにあたり、教会は聖霊に導かれ、聖書を手引きとし、常に彼女の生きている頭であるイエス・キリストに導かれます (1コリント12,13:8,9;ローマ28,19:20;マタイ1,18:1,22;コロサイXNUMX;エペソXNUMX)。

聖なる集会としての教会

«...教会は同じ意見を共有する人々の集まりによってではなく、神の召集[集会]によって作成されました...» (バース、1958:136)。 現代の見方によると、教会は、同じような信念を持つ人々が礼拝と指導のために集まるときに話します。 しかし、これは厳密には聖書の見方ではありません。

キリストは自分の教会を建て、地獄の門はそれを圧倒しないと言った (マタイ16,16-18)。 それは人の教会ではなく、キリストの教会、「生ける神の教会」です (テモテ第一1:3,15)そして地元の教会は「キリストの教会」です (ローマ16,16)。

したがって、教会は神の目的を果たします。 「一部のように会衆を離れるべきではない」というのは神の意志です (ヘブライ10,25)。 一部の人が考えるように、教会は任意ではありません。 クリスチャンが集まることは神の願いです。

教会のためのギリシャ語の用語は集会のためのヘブライ語の名前にも対応しています、そして、それは目的のために呼ばれた人々のグループを指します。 神は常に信者の共同体の創造に関わってきました。 教会に人々を集めるのは神です。

新約聖書では、教区または教区という言葉は、今日私たちが呼ぶように、家の教区を指すために使用されています (ローマ16,5、1コリント人16,19、フィリピアン2)、都市社会 (ローマ16,23:2、1,1コリント2:1,1、XNUMXテサロニXNUMX:XNUMX)、地域全体に広がるコミュニティ (使徒9,31:1; 16,19コリント1,2;ガラテヤXNUMX:XNUMX)また、既知の世界における信者の共同体全体を説明すること。共同体と一体性

教会とは、父、子、聖霊の共同体への参加を意味します。 クリスチャンは息子のコミュニティにいます (1コリント1,9:XNUMX)、聖霊 (フィリピン人2,1:XNUMX)父親と (1ヨハネ1,3:XNUMX)私たちがキリストの光の下を歩く間、私たちは「互いに交わりを持つ」ように呼ばれました (1ヨハネ1,7)。 

キリストを受け入れる人々は「平和の絆によって精神の一致を保つ」ことに注意を払います (エフェソス4,3)。 信者の間には多様性がありますが、彼らの一体性はどんな違いよりも強力です。 このメッセージは、教会で使用されている最も重要な比喩のXNUMXつによって強調されています。教会は「キリストの体」であるということです。 (ローマ12,5; 1コリント10,16; 12,17;エフェソス3,6; 5,30;コロサイ1,18)。

元の弟子たちは異なる背景から来ていて、おそらくお互いの交わりに自然に惹かれているとは感じませんでした。 神はすべての人生の歩みから霊的な一体性への信者を呼びます。

信者は教会の世界的または普遍的なコミュニティの「メンバー」です (1コリント12,27:12,5;ローマXNUMX:XNUMX)そして、この個性は私たちの団結を脅かす必要はありません。 (1コリント12,13)。

しかし従順な信者は、彼らの見解を主張し、頑固に主張することで分裂を引き起こしません。 むしろ、「からだに分裂はない」が「メンバーはお互いに同じように気遣う」ように各メンバーに敬意を表します (1コリント12,25)。

「教会は...キリストの生と同じ生命を共有する生物です。 (Jinkins 2001:219)。
パウロはまた、教会を「御霊の神の住居」と比較しています。 彼は、信者は「主の聖なる神殿に成長する」建物で「絡み合っている」と言います (エフェソス2,19:22)。 1コリント3,16:2と6,16コリントXNUMX:XNUMXでは、教会は神の神殿であるという考えにも言及しています。 同様に、ピーターは教会を「信者の家」と比較し、そこでは信者が「王室の神権者、聖なる民」を形成しています。 (1ピーター2,5.9)。教会の隠喩としての家族

当初から、教会は一種の精神的な家族と呼ばれ、機能していた。 信者は「兄弟」と「姉妹」と呼ばれています (ローマ人への手紙16,1:1、コリント人への第一の手紙7,15:1、テモテへの手紙5,1:2-2,15、ジェームズへの手紙XNUMX)。

罪は私たちを神の目的から切り離し、霊的に言えば、私たち一人一人が孤独になり、父親がなくなります。 神の願いは「孤独な家を持ち帰ること」 (詩編68,7:XNUMX)霊的に疎外された人々を「神の家」である教会の共同体に連れてくること。 (エフェソス2,19)。
この«信仰の世帯[家族]に (ガラテア6,10)、信者は安全な環境で養われ、エルサレムを扱う教会のためにキリストの像に変容することができます (City of Peace)あそこだ (黙示録21,10も参照)、「私たちはすべて母親です」 (ガラテア4,26)。

キリストの花嫁

美しい聖書の絵は、教会をキリストの花嫁として語っています。 それは歌の歌を含む様々な経典のシンボルによって暗示されています。 重要な一節はSong of Songs 2,10:16で、花嫁の恋人は冬の終わりを告げ、歌と喜びの時がやってきたと言います。 (ヘブライ2,12も参照)、そして花嫁が言うところ:「私の友人は私の友人であり、私は彼の友人です」 (聖2,16)。 教会は個人的にも集合的にもキリストに属し、彼は教会に属しています。

キリストは「教会を愛し、それのために自分をあきらめた」花婿であり、「見事な教会であり、汚れやしわなどはありません」 (エフェソス5,27)。 この関係は、ポールは言います、「素晴らしい秘密ですが、私はそれをキリストと教会に向けます」 (エフェソス5,32)。

ヨハネは黙示録でこのトピックを取り上げています。 勝利したキリスト、子羊は花嫁、教会と結婚する (啓示19,6:9-21,9; 10:XNUMX)そして彼らは一緒に命の言葉を宣言します (啓示21,17)。

教会を説明するために使用される追加の比喩と画像があります。 教会はキリストの線に沿って世話をする思いやりのある羊飼いを必要とする群れです (1ピーター5,1:4); それは労働者が植え、水をやる必要がある分野です (1コリント3,6:9); 教会とそのメンバーはツルのつるのようなものです (ジョン15,5); 教会はオリーブの木のようなものです (ローマ11,17-24)。

現在と未来の神の国を反映して、教会はカラシナの種のようになり、空の鳥が避難する木に成長します (ルカ13,18:19) 世界の生地を通り抜けるパン種のように (ルカ13,21)など。使命としての教会

最初から、神は特定の人々に地上で彼の働きをするように召されました。 彼はアブラハム、モーセと預言者を送りました。 彼はバプテスマのヨハネを送ってイエス・キリストの道を準備しました。 それから彼は私たちの救いのためにキリストご自身を送りました。 彼はまた彼の教会を福音の道具として確立するために彼の聖霊を送りました。 教会もまた世に送り出されています。 この福音の働きは根本的なものであり、彼が始めた働きを続けるために彼の追随者を世に送り出したキリストの言葉を満たします (ジョン17,18:21)。 それが«ミッション»の意味です:その目的を果たすために神によって送られること。

教会はそれ自体が目的ではなく、それ自体のためだけに存在するべきではありません。 これは新約聖書の使徒言行録で見ることができます。 本全体を通して、教会の説教と確立による福音の普及は主要な活動でした (使徒6,7:9,31; 14,21:18,1; 11:1; 3,6:XNUMX;コリントXNUMX:XNUMXなど)。

パウロは「福音の共同体」に参加する教会や特定のクリスチャンを指します (フィリピアン1,5)。 あなたは彼と福音のために戦う (エフェソス4,3)。
パウロとバルナバが宣教旅行に送ったのはアンティオキアの教会でした (使徒13,1:3)。

テサロニカの教区は、「マケドニアとアチャハのすべての信者のためのモデルになりました」。 彼らから、「主の言葉はマケドニアとアカイアだけでなく、他のすべての場所にも来ました」。 彼らの神への信仰は彼ら自身の限界を超えました (2テサロニケ人1,7:8)。

教会の活動

パウロは、テモテが「神の家で、それは生きている神の教会であり、真理の柱であり基盤である」ことを知っておくべきであると書いています (1テモテ3,15)。
時には人々は、真理についての彼らの理解が、彼らが神から受け取った教会の理解よりもより有効であると感じることができます。 教会が「真実の基礎」であることを私たちが覚えているなら、これはありそうですか? 教会は言葉の教えを通して真実が確立される場所です (ヨハネ17,17)。

彼女の生きている頭であるイエス・キリストの「膨満感」を反映し、「すべてにおいてすべてを満たします」 (エフェソス1,22:23)、新約教会は奉仕の働きに参加しています (使徒6,1:6-1,17、ジェームズXNUMXなど)交わりへ (使徒2,44:45-12;ユダXNUMXなど)、教会の命令の実装 (使徒2,41; 18,8; 22,16; 1コリント人10,16-17; 11,26)そして崇拝 (使徒2,46:47-4,16;コロサイXNUMXなど)。

教会は、食糧不足の時にエルサレムの教会に与えられた助けによって示されるように、互いに助け合うことに関与してきました (1コリント16,1:3)。 使徒パウロの手紙を詳しく見ると、会衆は互いに連絡を取り合い、つながりを持っていたことがわかります。 孤立した教会は存在しませんでした。

新約聖書における教会生活の研究は、教会の権威に対する教会の説明責任のパターンを明らかにします。 個々の会衆はそれぞれの司牧的または行政的構造の外で教会の権威に責任がありました。 新約教会は、使徒たちによって教えられたキリストへの信仰の伝統に対する集団的説明責任を通じて結ばれた地元の教会の共同体であったことがわかります (2テサロニケ3,6:2; 4,13コリントXNUMX)。

結論

教会はキリストの体であり、「聖人の教会」のメンバーとして神から認められたすべての人々で構成されています (1コリント14,33)。 コミュニティへの参加は、父が私たちを守り、イエス・キリストが戻るまで私たちを維持する手段であるため、これは信者にとって重要です。

ジェームズ・ヘンダーソン